So-net無料ブログ作成
検索選択

A【ワンピースネタバレ速報792話】『土下座』サボの渾身の火拳で終焉へ★ [ワンピース]


ドフラミンゴ敗北、そして鳥カゴからの

解放に湧くドレスローザ。

どうやらサボとバージェスの決着もついた模様。

ボロボロのバージェスから去っていくサボ 。

サボは今後どのような動きを

していくのでしょうか。。。

やっぱり、サボ、、かっこいいですね。。。

(スポンサーリンク)





扉絵はマンシェリー姫とレオ。
蛍たちが祝うハッピーバースデー


煽り;歓喜!! 歓喜!! 歓喜!!


ドフラミンゴ敗北、そして鳥カゴからの解放に湧くドレスローザ。

どうやらサボとバージェスの決着もついた模様。
ボロボロのバージェスから去っていくサボ 。

バージェス「トドメはささねェのか…!? …ハァ…」

サボ「…必要ない」


(スポンサーリンク)




バージェスに興味なさそうに、鳥カゴの無くなった空を仰ぐサボ。

サボ「全て終わったみてぇだ」

バージェス「ウィ…ハッ…ハ…!! 甘ェなぁ…!! お前ら兄弟は…!!」

サボ「……!!」

プルルルル…

電波を遮断していた鳥カゴがなくなり、サボのポケットの中にあった電伝虫がなる。



立ち去ろうとするサボにバージェスが引き留める。

バージェス「エースが海軍に引き渡される前に言った台詞を聞きてえか?」

サボが立ち止まる。

プルルル…

なおも鳴り続く電伝虫を無視してバージェスの話を聞くサボ。


【地下交易港】

革命軍のメンバーたちが慌ただしく動いている。

「急げ!! 決着はついた!! 海軍が来るぞ!!」

「総長に連絡は?」

「いま取ってるところだ!」

プルルル…

コアラ「出ないな…」

「気が向かないと出ないからな」


【サボサイド】

バージェス「ウィーハッハ…笑っちまうぜ、処刑されると悟ってこう言ったんだ 弟には黙っててほしい と 」




サボ「……!!」

表情が怒りに染まってゆく。

笑って話を続けるバージェス「バカな男だ、てめえの命の価値を知らねえとはな 火拳のエースともあろう者が捕まって、海軍は世界に報じない訳がねェ…!! 軍は奴の命を120%利用・・・ 」

と、そこでバージェスの頭をがっちりとクローで掴むサボ。



(スポンサーリンク)




サボ「もういい喋るな・・・あいつがどんな気持ちでこの世を去ったか…!!」

ミシミシ…と締め上げるサボ。

サボ「そんな事あの日から夜の数だけ考えた、お前に言われなくても全部わかる!!」


「うぐぐ…」と呻きつつも後ろ手にナイフを隠し持つバージェス。

バージェス(動揺しろバカめ…メラメラの実は逃がさねえ)

「お前は後悔してんだろ…!! それだけ地位も力もありながら兄弟を救いに行かなかった事を!! あの場にお前はいなかったもんな!! 昼寝でもしてたのかァ!?」

煽りながらナイフを取り出し、死角から首を狙うバージェス。

サボ「だからもう後悔しねェ!!」

「火拳!!!」




吹っ飛ばされるバージェス「ぎゃあああ!!!」

サボ「おれはいいが…火炎(エース)が許さねえってよ」


プルルルル…ガチャッ

やっと電話にでるサボ。

コアラ「もしもしサボ君!? キミいったいどこにいるの!?
さっきバージェスがルフィ君を追いかけてったから
わたし慌てて電伝虫したのに全っ然出ないんだから!!」

サボ「気にしなかった」

コアラ「気にしな…」

サボ「大丈夫その件は片づけた、それより リストは見つかったのか?」

コアラ「もお! とっくに見つけたよ!」

サボ「じゃあ船を…」

コアラ「呼んだよ!!」

サボ「ならハックと地下で待ち合わせよう」

コアラ「地下でハック達とキミ待ちだよ」

ガチャッ、ツーツーツー…

無言で電話を切るサボ。

仲間に八つ当たりするコアラ「何切ってんのよ!! 要件人間!!」




そのころ、海軍がファミリーの幹部達を次々に確保していく。

『ドンキホーテ一家…! 幹部8名…最高幹部3名を発見…!!』

もれなく気絶しているだすやん、ジョーラ、マッハバイス、シュガー、デリンジャー、ラオG、グラディウス、取り巻きの女に庇われるセニュール・ピンク…

ちなみに仮面の取れたピーカは超ブサイク。

『気を付けろ!! ほとんどは悪魔の実の能力者!! 確実に海楼石で捕りおさえろ!』

そして遂にドフラミンゴも確保される。




ピーカに海楼石の鎖を巻く海兵「本部に連絡はついたのか?」

「いえ、それが…イッショウさんがまだ連絡はするなと…」

「??」


【近国アップルナイン島】

広場のモニターに緊急ニュースが映る。

キャスター『ドレスローザより緊急ニュース!!』

国民「なんだ!?」「ドフラミンゴ王のことか…!?」

キャスター『ここドレスローザより…近隣の3つの島に中継をお送りしています!!』

画面に映し出されるメイナード。

メイナード『私は海軍本部の中将…メイナードだ!!』

『いまここに映っているのが…現在のドレスローザである!!』




瓦礫の山と化したドレスローザの姿に唖然とする国々。

国民「えっ!?」「どうなってんだ!!?」


ドレスローザではメイナードが海兵に指示を出している。

海兵「放送は放送電伝虫の届く近隣3国に放送される予定です!!」

メイナード「分かった 事故として放送する 他の電伝虫でも同様にな…それとイッショウさんを追え!!」

海兵「了解!!」


その頃、ドレスローザ国民はリク王に王への復帰を頼んでいた。

国民「リク王!! お願いです!! 一緒にドレスローザを…」

だがその願いを断るリク王「…いかに誤解が解けようと…私は王には戻れない」

国民「…いいえ この国の王はあなたしかいないんです!!」「もう暴力にはうんざり!!」「この国中のみんなが…あなたと同じ考えならどうですか!?」

リク王「…待て リク家の思想はいざとなれば脆いもの…それが今回証明されたのだ…」

国民「滅んでも構いません!!」

リク王「!?」

国民「"戦わない王"として戦争を拒んでほしい!!」」「それで国が滅んだ時は…我々もそれでいい!!」

リク王「……!!」

国民の勢いに圧倒されるリク王。

国民「貧しくたって構わない…!! ドレスローザを平和な国にしてください!!」「リク王!!」「お願いですリク王さま!」

国民たちがリク王に詰め寄るなか、エリザベローがやってくる。

エリザベロー「がっはっは!! "戦う王"には耳が痛ェよ」

リク王「エリザベロー!!」




そこに伝令が走って来る。

伝令「リク王さま!! 急いで王宮にお戻りを!! 近隣諸国たちの王から電伝虫が鳴りやみません!」

エリザベロー「わっはっは! ワシが王たちに知らせておいたのよ! リク王が復帰するとな…!! みな喜んでおったぞ!」

喜ぶ国民たち「プロデンス王!!」

エリザベロー「10年ですっかり老けやがって 戦争をしねえと全人類を睨み殺しそうだったあの頃のお前はどこへ行った!? みんな待ってんだ!! 帰って来いよ、奇跡の王リク・ドルド!!」

リク王「……」

そこに藤虎もやって来る。

藤虎「…さようでござんす…リク王殿…」

リク王「藤虎!」

藤虎「ドフラミンゴのこの一件…責任の所在をあんたに引き受けてもらっちゃ困りやす。
あの凶暴な海賊を王下七武海という制度のもと…一国の王と認め…
この地に君臨させたのは…紛れもねェ世界政府にござんす!!!
国民の皆々様…王家の皆々様…!! 政府に代わって! 深く深く詫びを申し上げます!!

海兵たちとともに、国民に向かって土下座する大将。

国民「えええええええ!!!?」

藤虎「本当に…すまんことをしやした!!」

リク王「何を…!」




ネタバレが入り次第また書きます!



▼ PR~ 本日のおすすめ情報 ▼

自分の好きな時間に好きな事をする
ライフスタイルに憧れている人はいませんか?


【ワンピースネタバレ速報792話】『土下座』サボの渾身の火拳で終焉へ★ [ワンピース]


ドフラミンゴ敗北、そして鳥カゴからの

解放に湧くドレスローザ。

どうやらサボとバージェスの決着もついた模様。

ボロボロのバージェスから去っていくサボ 。

サボは今後どのような動きを

していくのでしょうか。。。

やっぱり、サボ、、かっこいいですね。。。

(スポンサーリンク)




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。